ここから本文です

この肩こり、どうにかしたい…寝る前の肩甲骨はがし運動がおすすめ

9/27(金) 17:00配信

FASHION BOX

肩こりがつらい……。そんなお悩みを抱えている人にぜひ試してもらいたいのが、医師直伝の肩甲骨はがし。難しくないので寝る前の日課にして、肩こりから解放されましょう!

肩甲骨は本来さまざまな筋肉に支えられ、骨そのものは背中から浮いたような状態にあります。しかし姿勢の悪い時間が続くと周囲の筋肉が硬くなり、いわゆる「肩甲骨が背中に張り付いている状態」になります。これが肩こりや頭痛といった体の不調を引き起こす要因です。

「肩甲骨はがし」を行うことで周辺の筋肉がほぐれると代謝や血流がよくなり、筋肉にたまった疲労物質や老廃物を取り去ることで肩こりを改善することにもつながります。

うつ伏せバンザイストレッチで肩まわりの関節をほぐす

1:うつ伏せバンザイストレッチ
力を抜いてうつ伏せに寝転がります。両手をまっすぐ頭の上に向けて全身をぐっと伸ばします。肩を浮かし、肩甲骨をしっかり動かして、背骨からはがしていきましょう。

point:こぶしひとつ分、耳から離してバンザイする
腕を上げるときは、こぶしひとつ分耳から離した角度で肩を持ち上げましょう。固まった筋肉を効果的にほぐすことができます。

応用編:うつ伏せバンザイストレッチの後に……

1:肩甲骨を引き寄せる

力を抜いてうつ伏せになります。両腕を体に対して水平になるようにひじを曲げ、ひじから先は天井に向かって上に上げます。

2:肩甲骨を動かす

うつ伏せに寝転がって両手をまっすぐ頭の上に向け、バンザイの姿勢をとります。ひじを徐々に背中に引き寄せ、肩甲骨を動かします。

肩甲骨はがしで期待できる効果

■肩甲骨のまわりをほぐすことで姿勢がぐんとよくなり、こりも解消される!

肩甲骨まわりの筋肉が固まると、前のめりの姿勢になったり、肩こりになったりします。肩こりは肩甲骨を背骨に引き寄せる働きを持つ筋肉が固まり動かないことが原因。肩甲骨ストレッチで筋肉をほぐし、スムーズに動かせるようにしましょう。


■腰痛にも効く!

肩甲骨の筋肉が背骨からはがれることで、猫背になっていた姿勢を正しく伸ばすことができるようになり、腰痛も予防できます。

1/2ページ

最終更新:9/27(金) 17:00
FASHION BOX

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事