ここから本文です

最終回の『ルパンの娘』、深田恭子ら総勢10人超のクランクアップショット大放出!

9/27(金) 6:00配信

クランクイン!

 26日に最終回を迎えたドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系)の公式インスタグラムが、主演を務めた女優の深田恭子、相手役を務めた俳優の瀬戸康史などのクランクアップショットとコメントを続々と公開。ファンからは「終わると寂しくなります」といった惜別の声が続々寄せられた。

【写真】『ルパンの娘』深田恭子らクランクアップショット集


 同アカウントでは、最終回を迎えるにあたり、出演者らのクランクアップ時の1枚を投稿。代々泥棒一家の娘である主人公・三雲華を演じた深田は「本当に濃厚な3ヵ月半でした。やっと泥棒スーツの着心地が良くなってきた所で終わってしまうのは少し寂しいです」としみじみ。「この夏は皆さんと、さらに暑い夏を過ごせたのではないかなと思っています。そして、こんなにも沢山の方々に愛される作品に出演できたことがとても嬉しかったです。皆さんとお仕事ができて本当に良かったです」と主演という大役を全うした感想を述べた。

 その華の禁断の恋の相手で、代々警察一家の息子で刑事の桜庭和馬役を務めた瀬戸。「かなりのエネルギーを使う日々でした」と多忙な撮影を振り返りつつ「終わってしまうのがこんなにも寂しいだなんて。というのも、この作品はただのコメディではなく愛の物語で、どうやったら笑いだけにとどまらないかを監督やスタッフ、演者の皆さんと1つ1つ丁寧に作り上げてきたからです。その過程が何より楽しかったです。続編を期待すると共に、今作品で掴んだ"感"を大切にしていきたいと思います」とした。

 そのほかにも、三雲マツ役のどんぐり、桜庭美佐子役のマルシア、三雲渉役の栗原類、三雲悦子役の小沢真珠、桜庭和一役の藤岡弘、三雲尊役の渡部篤郎らのクランクアップショットが披露された。

 コメント欄には、約3ヵ月間、ドラマを完走したファンから「お疲れさまでした!」「最終回さみしいです」「楽しみ過ぎて終わってほしくない」など、ねぎらいや惜しむ書き込みが。また、「続編期待して待ってます」「映画化して欲しい」など、次回作を期待する声も見受けられた。

引用:『ルパンの娘』インスタグラム(@inamura_ami)

最終更新:9/27(金) 6:00
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事