ここから本文です

秋田名物「いぶりがっこ」を使ったソース、チーズと合わせたパスタソースなど

2019/9/29(日) 11:00配信

MONEYzine

 秋田の伝統的な大根をスモークした漬物「いぶりがっこ」。そのままでも美味だが、最近はいぶりがっこを使ったソース類も登場している。

 まず紹介するのはディップソースの2商品。どちらも味や食感などが美味しく、食のシーンで幅広く活躍しそうだ。

干した大根を煙でいぶして漬けたいぶりがっこは、
普通のたくあんとは一味違う風味と歯ごたえで知られている

 まずひとつ目は、もへじ(東京都世田谷区)の「いぶりがっこのタルタルソース(429円・税込、160グラム)」。細かく刻んだいぶりがっことタマネギが入ったタルタルソースだ。いぶりがっこを加えているため、少々茶色がかったソースになっている。特徴は酸味と甘み、コリコリとした歯応えだ。そのまま野菜のディップに、肉類にもよく合い、蒸し鶏に合わせると鶏自体を燻製にしたようなスモーキーな風味が楽しめる。

 そしてふたつ目の「いぶりがっこチーズディップ(432円・税込、80グラム)」は、四季彩(秋田県秋田市)が販売する一品。こちらは、いぶりがっことチーズ風味のソースを組み合わせたもの。細かく刻んだいぶりがっことチーズの相性は抜群だ。こちらも野菜やパン、フライなどさまざま食材と一緒に楽しむことができる。

 いぶりがっこを使ったパスタソースもある。エスビー食品(本社:東京都中央区)の「秋田いぶりがっこ&チーズ」は、同社が展開する「まぜるだけのスパゲッティソース ご当地の味」シリーズに、新たに仲間入りをしたもの。クリームチーズベースにいぶりがっこ、さらに味と香りのアクセントとしてブラックペッパーが加えられている。ゆで上がった麺に、さっとからませ、味と食感を楽しむ。同商品の価格は237円(税込、53.4グラム)。

 秋の味覚となる季節、いぶりがっこのソースを活用してこれまでの料理を一味違った形で堪能してみるのもよさそうだ。


(加藤 秀行 、 阪神 裕平)

最終更新:2019/9/29(日) 11:00
MONEYzine

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事