ここから本文です

<シンカリオン>劇場版アニメのALFA-Xの玩具登場 2両、5両の変形合体、オーバークロス合体も

10/1(火) 5:00配信

まんたんウェブ

 新幹線がロボットに変形するテレビアニメ「新幹線変形ロボ シンカリオン」の劇場版「新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X」(池添隆博監督、12月27日公開)に登場するシンカリオン ALFA-X(アルファエックス)の玩具「DXS104 シンカリオン ALFA-X」が、11月21日にタカラトミーから発売されることが10月1日、分かった。価格は8500円(税抜き)。

【写真特集】早くもALFA-Xが玩具に! 変形合体、武器も その全貌は…

 シンカリオン ALFA-Xは、5両編成のJR東日本の新幹線試験車両ALFA-Xから変形する。玩具は、先頭車と後尾車の2両で変形するアルファモードと、全5車両で変形するエックスモードの2パターンの変形合体ができる。玩具のエックスモードの全高は約26センチ。武器のシャリョウブレード(2種)とフミキリシュリケンベースも付属する。シャリョウブレード2種を合体させることもできる。

 さらに、別売りの「DXS101 シンカリオン E5はやぶさ MkII」もしくは「DXS103 ブラックシンカリオンオーガ」と8両でのオーバークロス合体もできる。合体後は全高約35センチのシリーズ最大の大型ロボットとなる。

 「新幹線変形ロボ シンカリオン」は、ジェイアール東日本企画、小学館集英社プロダクション、タカラトミーのコンテンツ。アニメは、鉄道博物館、京都鉄道博物館、リニア・鉄道館の地下深くに存在する特務機関・新幹線超進化研究所が、漆黒の新幹線が生み出す巨大怪物体から日本の未来を守るため、新幹線変形ロボ・シンカリオンが戦う姿を描いている。テレビアニメが2018年1月~2019年6月に放送された。

最終更新:10/1(火) 5:00
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事