ここから本文です

サムスン電子 KDDIに5G用設備を供給へ

9/30(月) 17:09配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国・サムスン電子が日本携帯大手のKDDIに次世代通信規格「5G」用の設備を供給することが30日、業界関係者などの話で明らかになった。

 関係者などによると、KDDIは2023年までに日本全域に約5万3626か所の5G用基地局を整備することを決め、サムスン電子やフィンランドのノキア、スウェーデンのエリクソンを5Gの設備供給会社に選定した。サムスン電子は主に東京都心部に設備を供給するという。

 サムスン電子が供給する設備の規模は5年間で20億ドル(約2155億円)に達するとみられるが、同社は詳細な契約内容については明らかにできないとしている。

 サムスン電子は韓国国内の携帯会社や米ベライゾンなどにも5G用設備を供給している。 

 サムスングループの事実上の経営トップ、李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長は5月に訪日し、携帯大手のNTTドコモ、KDDIの経営陣と5Gを巡って意見交換した。

最終更新:9/30(月) 17:09
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事