ここから本文です

らんぷの下、鼻紙写楽…一ノ関圭を解剖する「漫画家本」松本大洋、沙村広明も寄稿

9/30(月) 21:45配信

コミックナタリー

マンガとマンガ家を徹底解剖する「漫画家本」シリーズの第11弾「一ノ関圭本」が、本日9月30日に刊行された。

「らんぷの下」「裸のお百」「茶箱広重」などの作品で知られる一ノ関圭。本書では5万2000字におよぶロングインタビューで、一ノ関がこれまでに発表した全作品を振り返っている。また手塚治虫文化賞マンガ大賞、日本漫画家協会賞大賞を受賞した「鼻紙写楽」の特集も展開。一ノ関とタカノ綾の対談のほか、単行本未収録のエピソード「菊之丞」のネームや梗概、松本大洋によるトリビュートイラストなどが掲載された。そのほか沙村広明、伊藤比呂美がエッセイを寄稿。有識者による作品論や、単行本未収録作品「クレソン」なども収められている。

最終更新:9/30(月) 21:45
コミックナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ