ここから本文です

手塚治虫、AI技術が30年ぶり“新作漫画”描く 20年2月公開へ

9/30(月) 19:54配信

オリコン

 「漫画の神様」手塚治虫の“新作漫画”が、東芝メモリ(10月1日付で社名「キオクシア株式会社」に変更)の高速・大容量フラッシュメモリとAI技術を用いて、2020年2月に発表されることが30日、わかった。1989年に亡くなってから、実に約30年ぶりに手塚漫画が復活する。

【写真】手塚漫画をAIが執筆する瞬間

 これは、「もしも、今、手塚治虫が生きていたら、どんな未来を漫画に描くだろう?」という想いから、手塚の遺した膨大な作品をデータ化し、東芝メモリの高速・大容量メモリと先進のAI技術を駆使して、30年ぶりの新作を発表するプロジェクト。

 東芝メモリの新社名に伴い、「記憶で世界をおもしろくする」をミッションに掲げ、「記憶」の可能性を追求し新しい価値を創り出すという、世界を変えていく同社を体現するキャンペーンとなっている。

 過去の記録から新たな感動と記憶を生み出す挑戦“未来の世界”を表現した、テレビCMが10月1日より全国で放送される。

最終更新:10/2(水) 15:55
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事