ここから本文です

4点差決着!ウェールズが32年ぶりオーストラリア撃破。ラグビーW杯日本大会

9/30(月) 18:29配信

J SPORTS

オーストラリア代表のFLマイケル・フーパー主将は激戦をこう振り返った。

「両チームとも意欲が高く、最後まで全力を尽くしました」

ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で、プールD(1次リーグD組)屈指のビッグマッチ「オーストラリア代表×ウェールズ代表」が、9月29日(日)、東京スタジアムで行われた。

ローマン・ポライト レフリーの笛で始まった試合は、まず今年の欧州6か国対抗戦を制したウェールズ代表“レッドドラゴン”が、最高の出だしを見せる。

まず主将のLOアラン・ウィン・ジョーンズが先発5番として出場し、チーム歴代最多となるテストマッチ通算130試合出場を果たした。

すると開始直後、SOダン・ビガーがW杯史上最速という開始35秒でのドロップゴール(DG)を成功させ、いきなり3点を先取する。

1999年大会以来3度目の載冠をめざすオーストラリア代表“ワラビーズ”だが、レッドドラゴンの勢いは止まらない。

前半10分にSOビガーのクロスキックをCTBハドリー・パークスが捕球し、この日最初のトライ(ゴール成功)。“W杯に強い”と言われるオーストラリアだが、序盤から10点を追いかける展開に。

しかしゴールドジャージーも前半19分に輝いた。

ラックでPK(ペナルティキック)を獲得して敵陣に入ると、アドバンテージ状態のクロスキックをW杯4大会出場の35歳、WTBアシュリークーパーが掴んでインゴールへ。

ウェールズと同パターンでトライ(ゴール失敗)を返し、ビハインドを5点(5-10)とした。

ウェールズはSOビガーが頭部打撲の影響によりベンチへ下がったが、「途中出場の選手たちが勢いを与えてくれた」(ウェールズ・ガットランドHC)。

途中出場からエナジーを発揮した一人が、ビガーに代わって投入されたリース・パッチェル。50m級を含む2本のPG(ペナルティゴール)を前半32、36分に決めてみせた。16-8

前半37分にはSHガレス・デイビスが、オーストラリアのSHウィル・ゲニアのパスアウトをインターセプト。狙い通りの独走トライを決め、コンバージョン成功で前半を23-8で折り返す。

残り40分間で15点差を逆転しなければならなくなったオーストラリア。しかし南半球の伝統国が地力を見せる。

「さすがオーストラリアで、後半はすべてを出して追い上げ、うちの底力を試してきた」(ウェールズ・LOジョーンズ主将)

1/2ページ

最終更新:10/1(火) 16:22
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事