ここから本文です

「進学できなくなりました。就職します」ある高校3年生の言葉に考える、貯蓄がないということ

9/30(月) 19:15配信

LIMO

ある年の9月の話です。大学受験を控えた高校3年生のK君が、担任の先生に言いました。「先生、大学に進学するつもりでしたが、金銭的に難しいので就職することにしました」

学費が免除される非課税世帯というわけでもなく、学校指定の学用品や、部活で必要なユニフォーム類もすべて新品でそろえていたK君。担任の先生が見る限り、彼の家にお金がないというイメージはありませんでした。しかしK君が言うには「大学受験から入学にかかる、100万円とも200万円ともいわれるお金を、払うだけの貯えが家にはないと親に言われた」とのこと。

このように、収入は普通にあるのに、貯えがないという家庭は意外に多いようです。なかには、年収1000万円なのに貯えゼロ…なんて人も。そこで今回は、「年収と貯金の関係性」についてみていくことにしましょう。

「年収」と「貯えゼロの割合」の関係は?

知るぽると(金融広報中央委員会:事務局 日本銀行情報サービス局内)が実施した「平成30年(2018年)家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査]」の調査から、年収と貯金がどのように関わっているのかをみてみましょう。

「金融資産なし世帯」を「預貯金以外の金融商品や運用または将来の備えを保有しない世帯」と定義した場合、「年間年収1000~1200万円かつ2人以上世帯」のうち、金融資産を持たない世帯は7.3%も存在していることが分かりました。また、1200万円以上では3.8%となっています。収入が上がると、つい贅沢な生活をしてしまいがち。高収入だからといって、必ずしも金融資産があるとは限らないということなのでしょう。

あわせて、それ以下の年収の場合もみてみましょう。それぞれの年収のうち、金融資産なし世帯の割合は以下の通りです。

未収入:33.3%
300万円未満:34.8%
300~500万円未満:19.4%
500~750万円未満:12.6%
750~1000万円未満:9.6%

※「金融資産を保有していない世帯」とは、預貯金や株式などの金融商品を保有していない世帯と、預貯金のみは保有していてもそのうち「運用または将来の備え」がゼロの世帯を指します。

1/3ページ

最終更新:9/30(月) 23:00
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事