ここから本文です

“気になるあの子”安斉かれん、「タワーレコードメンバーズ」撮り下ろしポスター企画に登場

10/1(火) 20:29配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

■安斉かれん、新曲「人生は戦場だ」がTVアニメ『ブラッククローバー』新EDテーマに決定!「大好きな作品のエンディング曲を歌わせていただき光栄です」
タワーレコードでは、店舗とオンラインショップ共通のメンバーシップサービス「タワーレコードメンバーズ」の認知向上を目的に、タワーレコードが選ぶ「気になるあの子」をテーマにアーティストとのコラボポスターをシリーズで掲出中。

【動画】安斉かれん「人生は戦場だ」ミュージックビデオ

今回、その第5弾として、10月23日にタワーレコード限定で3rdシングル「人生は戦場だ」を無料で8cmシングルリリースする、安斉かれんが登場。10月1日より、全国のタワーレコード、TOWERminiにて、撮り下ろしのポスターが掲出されている。

安斉かれんは、1999年生まれ、神奈川県藤沢市出身の20歳。“ポス(ポストミレニアル)ギャル”と呼ばれる次世代型ギャルのひとり。渋谷の人気ショップ“RELECT by RUNWAY CHANNEL Lab.”で店員として働きながら、デビュー前から多くのファッションメディアに登場し、コスメティックブランドM・A・Cの店頭コレクションビジュアルにも採用されるなど、徐々に注目を集めている。令和元日の5月1日「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」でavexよりデビューした。

なお、タワーレコードでは、今後も定期的に、アーティスト、女優、モデル、タレントなど様々な「気になるあの子」とのコラボレーションを展開していく。

そして、そんな安斉かれんが、本日10月1日にサブスクリプション音楽ストリーミングサービス限定でリリースした3rdシングル「人生は戦場だ」が、週刊少年ジャンプ(集英社)で絶賛連載中のシリーズ累計900万部を超える人気作品のテレビアニメ『ブラッククローバー』の新エンディングテーマに決定。かねてより、原作のファンであったという彼女から、喜びのコメントも到着した。

さらに、「人生は戦場だ」のミュージックビデオも公開。ミュージックビデオは、1st「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」、2nd「誰かの来世の夢でもいい」に続く、3部作の第3弾。高度なARが実現した近未来の“Immersive Society 3.0”を舞台に、仮想空間に再生されたバーチャルな存在と自分を見失いそうになる恐怖と、未来への不安な気持ちとの戦いを描いている。

世界的なテクノロジー企業らとタッグを組み、音楽業界では先駆けてVR/AR作品を世にインスパイアしてきた“2nd Function”が監修を務めたサイバーパンクな未来描写を、フューチャリスティックな映像で高い評価を得る、辻本祐希監督を中心に、日本を代表するCG制作会社“Cafe Group”など日本屈指のSci-Fiクリエイターが集結することで、よりリアルでクレイジーなバーチャルリアリティを生み出している。

ファッション面でも、スタイリングには唯一無二のスタイルでストリートを牽引する「RISA“RIBBON”KATO」、ヘアメイクにはコラージュアーティストとしても活躍する“TORI.”など気鋭のトップクリエイターたちが集結。サイバーパンクだけでなくヴェイパーウェイヴが見事に融合したアバンギャルドなビジュアライズは健在だ。

安斉かれん コメント
黒の暴牛のみんなの真っ直ぐな気持ち、仲間を信じる姿勢は、いつも私に勇気をくれます。そんな大好きな作品のエンディング曲を歌わせていただき光栄です。
今回の楽曲は、逆境に立ち向かう辛さや勇気を綴った、まるで、アスタそのもののような歌なので、物語に添えて流れたときに、何か伝わることがあれば、うれしいです!

リリース情報
2019.10.01 ON SALE
DIGITAL SINGLE「人生は戦場だ」

2019.10.23 ON SALE
SINGLE「人生は戦場だ」
※タワーレコード限定無料8cmシングル

3rd SINGLE「人生は戦場だ」
https://avex.lnk.to/anzaikaren_jinsei

「気になるあの子もタワレコメンバーズ」オンラインページ
https://tower.jp/site/memsp

安斉かれん OFFICIAL WEBSITE
https://kalenanzai.com/

最終更新:10/1(火) 20:29
M-ON!Press(エムオンプレス)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事