ここから本文です

SNSからリアルへ。若者の「オールドな価値観」支持するチェキプリンターが新登場

10/3(木) 8:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

富士フイルムは10月2日、既存のインスタントカメラ「instax」シリーズの新製品として、スマートフォン用プリンター“チェキ”「instax mini Link」を発表した。

【全画像をみる】SNSからリアルへ。若者の「オールドな価値観」支持するチェキプリンターが新登場

カラーはダスキーピンク、アッシュホワイト、ダークデニムの3色を用意。発売は10月11日、オープン価格で1万3500円前後を想定している。

アジアから世界へ広がったチェキブーム

1998年に発売された富士フイルムのinstax シリーズは、“チェキ”という愛称で、今や日本をはじめアメリカ、中国、ヨーロッパなど、世界で100カ国以上に展開し、累計販売台数は約4500万台にものぼる。2018年度の年間販売台数は1002万台。そのうち、日本での売上は約1割だという。

2002年に販売台数が100万台を超えた後、コンパクトデジカメの台頭によって、販売台数が伸び悩む時期が続いた。しかし、2007年に韓国ドラマで注目されたのを機に、アジアを中心に売り上げが回復。その後、欧米へと流行が拡大していった。

2014年には、スマートフォンと連動した初のインスタントプリンター「“スマホ de チェキ” instax SHARE SP-1」が発売。2019年6月には、スマホと連動した初のインスタントカメラ「“チェキ”instax mini LiPlay」が発売されるなど、近年はスマホ時代への適応を進めてきた。

富士フイルムの助野健児社長は「スマホに眠る写真データのプリント需要を獲得するために、スマホ時代ならではの写真の楽しみ方を提案してきた。instaxのさらなる発展のために、今回の新製品を提案する」と語った。

あらゆる操作が直感的に

instax mini Linkの使い方はいたって簡単だ。専用のアプリをスマートフォンにインストールし、Bluetoothを通して接続すれば準備は完了。スマートフォンに保存されている写真を読み込み、画像の拡大や縮小、回転、そして、フィルターの選択や明るさの変更など、直感的な操作で画像を加工することができる。

画像の加工時に選択できるデザインは27種。さらに、複数枚の画像を組み合わせるコラージュや、画像を分割して印刷する「Split Print」機能も搭載されており、デザイン性に富んだチェキプリントも自由自在に作成可能だ。

加工が終われば、画面を上にスワイプするだけで印刷を始めることができる。

instax mini シリーズで初めて、動画からチェキプリントを作成できる「Video Print」機能が搭載された点も、instax mini Linkの特徴の一つだ。画像の編集と同じように、簡単な操作だけで動画中に眠る「奇跡の一枚」を切り取ることができる。

1/2ページ

最終更新:10/3(木) 18:01
BUSINESS INSIDER JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ