ここから本文です

ツーリズムEXPOジャパン、大阪開催で見どころ発表、「IRゲーミングEXPO」や「関西うまいものコーナー」など

10/3(木) 14:10配信

トラベルボイス

日本観光振興協会と日本旅行業協会(JATA)、日本政府観光局(JNTO)は、2019年10月24日~27日まで開催する「ツーリズムEXPOジャパン2019 大阪・関西」を前に、注目のブース情報を発表した。

今年はツーリズムEXPOジャパンとして初の東京エリア外での開催となり、大阪・関西を中心に自治体や民間企業、経済団体などが多数出展。現在開催中のラグビーワールドカップや来年の東京オリンピック・パラリンピック以降も、2021年にワールドマスターズゲームズ、2025年には日本国際博覧会(万博)と国際的ビッグイベントが続き、世界的な注目を集める関西エリアで「観光の未来」を示す豊富な情報を発信していく。

例えば、新設エリア「IRゲーミングEXPO」では、国内外10社以上の事業者・団体が出展。疑似カジノ体験や最新情報を提供し、IRの魅力をアピールする。また、昨年好評だった旅の疑似体験ができるVR(バーチャル・リアリティ)体験コンテンツはさらに拡大。手持ちのコントローラーでビジネスクラスの疑似体験を楽しめる「エア・カナダ」ブースや、忍者公式組織「忍者協議会」ではVRアトラクション体験も提供する。

最新テクノロジーを活用する一方、一周して新しいトレンドである「旅×学び」にも注目。各地域の歴史を感じて学びながら旅を楽しめる情報提供するブースも多い。例えば京都では、2020年の大河ドラマ「麒麟が来る」のゆかりの地域の観光協会やDMOが連携してブースを出店。織田信長、豊臣秀吉など戦国武将が居城を築き、歴史の転換点となった大きな合戦城跡の多い滋賀では「戦国ワンダーランド氏が・びわ湖」ブースを出展する。

さらに「スポーツ・食・ウェルネス・笑い」をコンセプトに、関西ならではブースを展開。なかでも、食いだおれの街・大阪らしく関西ならではのグルメを揃えた「関西うまいものコーナー」を新設し、大阪開催ならではのグルメを提供する。詳細は、ツーリズムEXPOジャパンのホームページへ。

・ツーリズムEXPOジャパン2019 大阪・関西
https://www.t-expo.jp/

トラベルボイス編集部

最終更新:10/3(木) 14:10
トラベルボイス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事