ここから本文です

ウィリアンの技ありボレーで逃げ切ったチェルシーがリールを下し今季CL初勝利!《CL》

10/3(木) 6:25配信

超WORLDサッカー!

チェルシーは2日、チャンピオンズリーグ(CL)グループH第2節でリールと対戦し、2-1で勝利した。

前節、ホームでバレンシアに惜敗し黒星発進となったチェルシーは、直近のブライトン戦からスタメンを3人変更。ペドロ、バークリー、A・クリステンセンに代えてカンテ、R・ジェームズ、ズマを先発で起用した。[3-4-3]の布陣でアスピリクエタ、ズマ、トモリを3バックに起用した。

立ち上がりからボールを握ったチェルシーは、17分に最初のチャンスを迎える。アスピリクエタの右クロスのセカンドボールをペナルティアーク左で拾ったマウントがハーフボレーでゴールを狙ったが、シュートはゴール左に外れた。

攻勢を続けるチェルシーは22分、バイタルエリア手前のトモリがゴール前へ縦パスを送ると、これを受けたエイブラハムが絶妙なトラップで反転し、そのまま右足でゴールネットを揺らした。

先制されたリールだが、31分に反撃。自陣でのボール奪取からカウンターを仕掛けるとドリブルで持ち上がったバンバのパスを受けたアラウージョがボックス右から侵入。切り返しで相手DFをかわし左足を振り抜いたが、これはGKケパがセーブ。その後、立て続けにCKを得たリールは、34分にバンバの左CKからオシムヘンがヘディングシュートを叩き込んだ。

同点を許したチェルシーは、41分にマウントがペナルティアーク手前でアンドレに倒されFKを獲得。これをマルコス・アロンソが直接狙ったが、シュートはゴール右。さらに前半アディショナルタイムには、ペナルティアーク内からジョルジーニョがコントロールショットで狙ったが、これは右ポストを叩いた。

1-1で迎えた後半、先にチャンスを作ったのはリール。52分、バンバの右CKからニアサイドのアンドレがヘディングで合わせたが、このシュートはGKケパがわずかに触りゴール左に外れた。

勝ち越しゴールを狙うチェルシーは、67分にR・ジェームズを下げてハドソン=オドイを投入。[3-4-3]から[4-2-3-1]に布陣を変更、ハドソン=オドイは左MFに入った。

すると78分、ボックス左横でパスを受けたハドソン=オドイのクロスをファーサイドのウィリアンがボレーシュート。叩きつけられたシュートはブロックに入ったDFの股を抜き、ゴールネットに突き刺さった。

試合終盤、チェルシーは殊勲のウィリアンを下げてペドロ、マウントを下げてコバチッチを投入し試合をクローズ。ウィリアンの技ありボレーで難しいアウェイゲームを制したチェルシーが今季CL初勝利を挙げた。

超WORLDサッカー!

最終更新:10/3(木) 6:25
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事