ここから本文です

日本代表の前に立ちふさがる、ラグビーW杯で最も重い10人

10/4(金) 12:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

ラグビーワールドカップ日本大会は9月20日に始まり、11月2日に決勝戦が行われる。

【全画像をみる】日本代表の前に立ちふさがる、ラグビーW杯で最も重い10人

このトーナメントには、ラグビー界のトップ20カ国、そして最大、最強、最重量の男たちがやってきている。

大会で最も重い10人のプレイヤーをリストアップした。

ラグビーワールドカップ。4年に一度のこの大会は、世界のラグビーのトップ20カ国と、世界でも最大、最強、そして最もタフな選手たちが一堂に会し、ウェブ・エリス・カップの獲得を目指して戦う。

日本を訪れた選手のほとんどは、大きさ、強さ、タフさを持っているが、これから挙げる10人には及ばないだろう。ここでは、このトーナメントで最も重い選手たちが昇順にランキングされている。

7位タイ:ゼイン・カペリ(トンガ)130kg

7位タイ:コンスタンチン・ミカウタゼ(ジョージア)130kg

7位タイ:ポール・アロ・エミール(サモア)130kg

7位タイ:アツ・モリ(ニュージーランド)130kg

4位タイ:リース・カレ(ウェールズ)132kg

4位タイ:ラトゥ・タラカイ(トンガ)132kg

4位タイ:タニエラ・トゥポウ(オーストラリア)132kg

3位:レヴァン・チラチャヴァ(ジョージア)133kg

この投稿をInstagramで見る

@vano_karkadze

chilachavaさん(@levanchilachava)がシェアした投稿 - 2019年 9月月21日午後9時58分PDT

2位:トーマス・フランシス(ウェールズ)135kg

1位:ベン・タメイフナ(トンガ)151kg

[原文:The 10 heaviest players at the Rugby World Cup, and their biggest hits of all time]

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

Barnaby Lane

最終更新:10/4(金) 12:10
BUSINESS INSIDER JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事