ここから本文です

3連複1点ブッコミもあり? 京都大賞典で「買い」の3頭【京都大賞典】

10/4(金) 18:23配信

優馬

 出走馬の半数がGI馬という東のメイン・毎日王冠とは対照的に、こちらはGI馬が不在。しかし、GI・2着馬が4頭も揃い、ビッグタイトル獲得へ弾みをつけたい一戦となりそう。

休み明けでもGI組を信頼

 例年、10頭前後で行われる事が多い重賞だが、今年は過去最多となる17頭がエントリー。当然、波乱も視野に入れて健闘する必要がありそうだが、基本的な傾向としては実績馬に重きを置くべきレースだろう。

■前走レース別成績(過去10年)
1600万〔0.2.0.2〕
OP特別〔0.1.0.16〕
GIII〔3.1.1.23〕
GII〔2.2.1.18〕
GI〔5.4.8.20〕

 前走・GI組は複勝率45.9%と高い好走率を誇る。このうち、単純に前走5着以内に好走していた馬が〔3.1.3.3〕となり、複勝率は70%までアップ。天皇賞(春)2着のグローリーヴェイズ、大阪杯5着のエアウィンザーの2頭が軸として信頼出来る存在と言える。

ポイントは今年の成績

 GI組以外に馬券のポイントと呼べそうなのが、同年の京都芝外回りでの成績。「同年に京都芝外回りで重賞勝ち」のあった馬は過去10年の当レースで〔3.0.1.4〕と半数が馬券対象に。しかも、そのうち6歳以上の馬を除けば〔3.0.1.1〕と更に成績がアップ。

■同年に京都芝外回りで重賞勝ちのあった馬(過去10年・6歳以上を除く)
2010年 1着 メイショウベルーガ(日経新春杯1着)
2013年 3着 トーセンラー(京都記念1着)
2015年 1着 ラブリーデイ(京都記念1着)
2016年 1着 キタサンブラック(天皇賞・春1着)
2017年 4着 ミッキーロケット(日経新春杯1着)

 今年のメンバーでは前出のグローリーヴェイズ(日経新春杯1着)の他に、ダンビュライト(京都記念1着)が今年の京都芝外回りで重賞勝ちを収めていた馬。堅い馬券になってしまいそうだが、エアウィンザーと合わせたこの3頭で勝負してみたい。

推奨馬

グローリーヴェイズ
エアウィンザー
ダンビュライト

最終更新:10/4(金) 18:23
優馬

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事