ここから本文です

いじめ被害教諭「ラーメンの汁を塗りたくってきた」

10/4(金) 20:17配信

日刊スポーツ

神戸市立東須磨小の20代男性教諭が、先輩の同僚教諭4人に羽交い締めにされ、激辛カレーを無理やり食べさせられたり、体に塗られるなどのいじめを受けたと訴え、9月から体調不良で休んでいることが4日、市教育委員会への取材で分かった。

一連の調査の過程で、4人は別の20代教員3人に対しても、暴言やセクハラ行為をしていたことが発覚した。

   ◇   ◇   ◇

市教委によると、嫌がらせをしたのは30代男性3人と40代女性1人の計4人。嫌がらせは昨年から始まり、被害者側と加害者側からの聞き取りの結果、さまざまないじめが確認された。

「ハゲ」「ボケ」「クズ」「カス」といった人格を否定するような発言や酒席で「もっと飲め」と強要。無料通信アプリ「LINE」で別の女性教員に無理やり性的メッセージを送らせたほか、被害を受けた男性教諭の所有車の上に乗ったり、蹴ったり、車内で故意に飲み物をこぼしたという。また、コピー用紙の芯でおしりをたたいたり、足を踏みつけたり、ひじで背中をグリグリ押す暴力行為なども確認された。このほか、被害を受けた男性教諭は「激辛ラーメンの汁を目や唇に塗りたくってきた」と訴えているという。

市教委によると、学校側が4人の嫌がらせ行為を把握したのは今年6月。別の教員から「過度なからかいがある」などと申し出があり、調査した結果、嫌がらせ行為を確認し、7月に校長が4人を個別指導した。被害を受けた教諭も「大丈夫です」と答えていたため、学校側は「人間関係のトラブルがあったが、指導して解決した」と市教委に報告した。目に見える嫌がらせはなくなったものの、実際はその後も加害者側から「謝ってほしいなら謝ってやる」といった暴言があった。9月に被害者側の家族から直接訴えがあったため、市教委が調査を始めた。

また、4人は別の20代教員3人に対しても暴言やセクハラ行為をしていたことも発覚した。市教委は女性2人に対するセクハラ行為を、男性1人に対しては「ポンコツ」を意味する「ポンちゃん」と呼ぶ嫌がらせを確認したと明かした。

4人の中には、いじめ防止の取り組みを中心となって行っていた教諭もいたという。市教委は10月から4人を授業から外して有休を取らせる事実上の謹慎としている。4人は「申し訳ない」などと、反省の言葉を口にしているという。

最終更新:10/12(土) 11:29
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事