ここから本文です

“宇宙”に持っていける作品に!30-DELUX×宇宙Six「のべつまくなし・改」

10/5(土) 4:00配信

ステージナタリー

来年2020年1月に上演される「30-DELUX ACTION PLAY MUSICAL THEATER featuring 宇宙Six 『のべつまくなし・改』」の制作発表会が、昨日10月4日に東京都内で行われた。

【写真】「30-DELUX ACTION PLAY MUSICAL THEATER featuring 宇宙Six 『のべつまくなし・改』」ロゴ(メディアギャラリー他4件)

30-DELUXと宇宙Sixのコラボ公演第3弾「のべつまくなし・改」は、今年2019年4・5月に上演された「のべつまくなし」をブラッシュアップして再演するもの。脚本をホチキスの米山和仁が担当し、野坂実が演出を手がける。出演者には宇宙Sixと30-DELUXに加え、室龍太(関西ジャニーズJr.)や坂元健児らが名を連ねた。

本日の制作発表会には、江田剛、山本亮太、松本幸大、原嘉孝、室、村瀬文宣、清水順二、坂元が出席。出演だけでなく、本作の製作総指揮も務める清水は、「のべつまくなし・改」を“オリジナル時代劇アクションミュージカルの決定版”にしたいと述べ、「舞台デザインもゼロから作り直し、脚本もグレードアップ、既存曲に加え新曲も披露します。ですので、初演を観たお客様にもまた驚愕していただけるのでは」とコメント。さらに「『のべつまくなし』をブランド化して、ゆくゆくはブロードウェイ、ウエストエンド、果ては“宇宙”に持っていけるような作品にしていきたいです!」と意気込みを語った。

前作に続き近松門左衛門を演じる江田は、9月に出演した「THE BLANK!」が近松門左衛門の物語であったことに触れ、「その作品で近松の人生や経緯を研究したので、より役に深みを出すことができれば」と話す。続けて「宇宙Sixは、前回の『のべつまくなし』からそれぞれ舞台経験を積み重ねてきました。役者としてのスキルは格段に上がっているはずなので、成長した姿をお見せしたい」とアピールした。

山本は「2020年はオリンピックだけじゃないぞ、『のべつ』もあるんだぞ!という意気込みでがんばりたい」と言葉に力を込める。また、前作が終わってから清水と数回食事に行ったことを明かし、「前回の反省点や、宇宙Sixとしての夢や願望をたくさん話したので、前回よりも“一緒に作っていく”という感覚が生まれるのでは」と述べた。清水は「山本くんの『のべつまくなし』への熱い思いは伝わりました。グレードアップした山本を期待してください!」とファンに呼びかけた。

続く松本は「久々に4人が舞台に集結するので、ビッグバンを起こしたいですね!」と思いを述べ、「前作では、劇中で僕を“ヒーロー”にしていただけてとてもうれしかったのですが、今回はよりグレードアップした“ヒーロー”をお見せできれば」と笑顔で語る。そして「最後に、僕が演じる大岡越前の決めゼリフを言ってもいいですか?……『ジャスティス!』」と人差し指を掲げるポーズを決めると、それを見た山本が「いいなあ!そういうポーズが僕にもあれば……」と羨ましそうな声を上げた。

原は「再演からビジュアルも少し変わっていまして……」と立ち上がり、昨日解禁されたキービジュアルのボードを指し示す。「僕のこの髪型見てください、金髪の編み込みですよ。こんな髪型できるジャニーズは僕しかいません!(笑)」と自信たっぷりに話し、会見場の笑いを誘った。

「のべつまくなし」には今回初参加となる室が、「このたびは室龍太ソロコンサートの製作発表にお越しくださり……」とボケると、「いや、『のべつまくなし』だよ!(笑)」と宇宙Six全員からツッコミが入る。室の役どころについて、清水はニヤニヤしながら「室くんは落語が得意とのことで、今回は落語家の役をやってもらうことになりました」と言うと、室は「それ初耳ですし、僕落語全然やったことないです……(笑)」とコメント。清水は室の反応に満足げな表情を浮かべながら、「前回は武藤晃子が演じた落語家の役を、今回は男に変えてやろうと思っていて。その役を室くんにやってもらいます」と話すと、室は「ほんまに落語しろっていうなら覚えます!」と気合を見せた。さらに記者から座組の印象を聞かれると、「全員すごく自由なんですけど、ファミリー感とチームワークが両立していますね」と室は微笑みながら、共演者に視線を向けた。

また、全員おそろいで着用していた「のべつまくなし」Tシャツの袖を、なぜ原だけ切っていたかという話題になると、清水は「今朝、原くんから『今日めっちゃ暑いんで袖切ってもいいですか?』って聞かれて。さすがに冗談だと思って『いいよ!(笑)』って返したら、本当にその場で切り出して、びっくりしました」とエピソードを明かす。さらに原が「昨日これ、寝間着にして寝てたんですけど……」と話し始めると、「今日みんなで着ようねって言ってた服を寝間着にするのもおかしいから!(笑)」と清水が指摘。山本は「原ちゃんには、冗談でも『切っていいよ』って言っちゃ駄目ですよ!」と清水にアドバイスした。

最後に江田が、「宇宙Sixは快進撃を続けています。2020年は、『のべつまくなし・改』をまずは大成功させて、もっともっと上を目指していきたい」と決意を新たにすると、松本は「宇宙Six、もっと売れます!」と呼応し、気合十分な様子で会見を締めくくった。公演は2020年1月10日から12日まで東京・東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)で行われた後、福岡、大阪、愛知を巡るツアー公演が実施される。チケットの一般販売は11月16日10:00にスタート。

■ 「30-DELUX ACTION PLAY MUSICAL THEATER featuring 宇宙Six『のべつまくなし・改』」
2020年1月10日(金)~12日(日)
東京都 東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)

2020年1月17日(金)
福岡県 福岡市民会館 大ホール

2020年1月24日(金)~26日(日)
大阪府 サンケイホールブリーゼ

2020年1月28日(火)・29日(水)
愛知県 名古屋市芸術創造センター

脚本:米山和仁
演出:野坂実
出演:江田剛、山本亮太、松本幸大、原嘉孝(以上、宇宙Six / ジャニーズJr.)/ 村瀬文宣、竹之内景樹 / 武藤晃子、我善導、狩野和馬、田中精 / 谷口敏也、中村悠希、泉紫太朗 / 押田美和、金田瀬奈、大成翔輝、林宏樹、高木俊輔、寺田遥平、師富永奈、沓掛龍一 / 室龍太(関西ジャニーズJr.)/ 坂元健児 / 清水順二

※高木俊輔の「高」ははしごだかが正式表記。

最終更新:10/7(月) 18:32
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事