ここから本文です

米中、7日から次官級貿易協議=トランプ氏、進展に期待

10/5(土) 7:30配信

時事通信

 【ワシントン時事】クドロー米国家経済会議(NEC)委員長は4日、米ブルームバーグテレビのインタビューで、米中の次官級貿易協議が7、8日にワシントンで開かれる見通しを示した。

 10、11日に当地で予定される閣僚級協議の準備会合で、中国の米農産物輸入拡大や金融市場の開放などを中心に意見を交わす。

 トランプ大統領は4日、記者団に「極めて重要な局面」と合意に期待を示す一方、「貿易協定を結びたいが、米国にとって良い場合だけだ」と中国に譲歩を促した。米政権は昨年発動済みの対中制裁関税第1~3弾の税率引き上げを今月15日まで延期し、貿易協議の進展を見極める方針だ。

 クドロー氏は、知的財産権侵害や国有企業への補助金など中国の構造問題を念頭に「全てが検討対象だ。合意間近だった今年5月時点に戻りたい」と述べ、米国が支持する既存の合意案を維持したい意向を示した。対立の小さい中国による金融サービスの開放交渉では前進を予想した。 

最終更新:10/8(火) 8:40
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事