ここから本文です

脇謙二八段 対 真田圭一八段 勝者は午後7時から本戦かけもう一局/将棋・叡王戦予選

10/5(土) 10:07配信

AbemaTIMES

 将棋の叡王戦段位別予選(八段戦)が10月5日に行われ、脇謙二八段(59)と真田圭一八段(46)が、現在対局中だ。

【中継映像】脇謙二八段 対 真田圭一八段

 叡王戦は、全棋士、女流棋士1人、アマチュア1人によるタイトル戦で、段位別予選、本戦トーナメントを勝ち抜いた2人が、挑戦者決定三番勝負を行う。挑戦者は、永瀬拓矢叡王(王座、27)と七番勝負を行う。予選は四段、五段、六段、七段、八段、九段と、段位別で行われ、各段位によって本戦出場枠が異なる。

 脇八段は、1979年7月に四段昇段。棋戦優勝は3回。竜王戦6組(1組:7期)、順位戦はフリークラス(宣言)。真田八段は、1992年4月に四段。竜王戦3組(1組:4期)、順位戦C級1組。

 持ち時間は各1時間で、振り駒の結果、先手は脇八段。勝者は午後7時から、橋本崇載八段(36)と糸谷哲郎八段(30)の勝者と、本戦出場をかけて対戦する。

最終更新:10/5(土) 10:07
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事