ここから本文です

北朝鮮、「決裂」と主張=米は「良い議論」-実務協議、再び停滞か

10/6(日) 2:39配信

時事通信

 【ワシントン、ソウル時事】北朝鮮の非核化をめぐりスウェーデンの首都ストックホルム近郊で行われた米朝実務協議について、北朝鮮首席代表の金明吉巡回大使は5日、「協議はわれわれの期待に応えられず、決裂した」と主張した。

 これに対し米国務省のオルタガス報道官は「協議内容を反映していない」と反論し、良い議論を交わしたと強調。双方の立場の隔たりが露呈し、約7カ月ぶりの米朝協議は再び停滞する見通しが強まった。

 米朝は5日午前、ストックホルム近郊で実務協議を開始。約8時間半にわたり話し合いが行われ、終了後の午後6時半ごろ、金明吉氏が北朝鮮大使館前で声明を発表した。

 ロイター通信などが報じた声明によると、金明吉氏は「決裂」の理由について、「米国が旧態依然の立場と態度を捨てられなかったからだ」と主張。物別れに終わった2月のハノイでの米朝首脳会談以降、再考の時間を十分に与えたにもかかわらず「米国は手ぶらで協議に出てきた」と不満を表明し、問題を解決する考えがないことを示したと非難した。

 その上で、非核化の議論を始めるには、核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射中止など北朝鮮がこれまでに取った措置に米側が「誠意をもって応じる」必要があると指摘した。また、米側に年末まで「熟考」することを促し、核実験とICBM発射を再開するかどうかは「全面的に米国の立場に懸かっている」とけん制した。 

最終更新:10/8(火) 8:40
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事