ここから本文です

世界体操、谷川航が個人総合を断念

10/6(日) 21:00配信

毎日新聞

 日本体操協会の水鳥寿思・男子強化本部長は6日、左足首を痛めていた谷川航(セントラルスポーツ)の世界選手権個人総合出場を断念すると明らかにした。個人総合決勝に進むには7日の予選で全6種目に出場する必要があるが、患部の負担を考慮し、出場はあん馬、つり輪、平行棒の3種目とする。

 谷川航は3日の会場練習で、跳馬の大技「リ・セグァン2」を跳んだ際、着地で左足首をねんざしていた。水鳥氏によると、重傷ではないが、蹴りなどの動きに影響が残っているという。

 弟の谷川翔(順大)と萱和磨(セントラルスポーツ)が全6種目に出場する予定。【円谷美晶】

最終更新:10/6(日) 21:00
毎日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事