ここから本文です

中垣内監督、大接戦の末落とした第3セット後を評価「日本選手の頑張りを誇らしく思う」

10/6(日) 22:27配信

スポニチアネックス

 ◇バレーボール男子W杯 第5日 日本3-1アルゼンチン(2019年10月6日 マリンメッセ福岡)

【写真】第3セット、得点を喜ぶ中垣内監督

 日本の第5戦の相手は、初戦で世界ランク2位のアメリカを下す番狂わせを演じたアルゼンチン。共に2勝2敗の五分の星で、メダル争いに加わるには負けられないゲームだった。そんな大事な一戦を、セットカウント3-1でものにした日本。福岡ラウンドを3勝2敗の白星先行で締めた。

 2セット連取し迎えた第3セット。3点ビハインドでセットポイントを握られるも、驚異の粘りでジュースに持ち込んだ。しかし26-28で結局このセットを落としてしまう。この流れに中垣内監督は「3セット目取られたときに、ちょっとやな感じしたんですけども」と本音をポロリ。しかし第4セットをキッチリ取りきったことに対し「選手、集中力失いませんでしたし、アルゼンチンも離れてプレーしてきて強いチームでしたけども、今日は日本選手の頑張りを誇らしく思いますね」と選手たちを褒め称えた。

 中垣内監督は戦前“福岡ラウンドを3勝2敗で乗り切りたい”としていたが、想定通りの戦績に収まった。インタビュアーに“大きな1勝となりましたね”と振られると「そうですね。なんとか、なんとか、なんとか、というとこですね。今日の一戦、勝ちたかったですから。いいプレーしましたね。石川中心に」とのコメント。メダル獲得へ向け、大きな1勝となったようだ。

最終更新:10/6(日) 23:27
スポニチアネックス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事