ここから本文です

ペップがデ・ブライネの負傷と代表選外続くウォーカーについて言及

10/6(日) 12:23配信

SPORT.es

ペップ・グアルディオラはケヴィン・デ・ブライネが今も負傷中であることを認めている。マンチェスター・シティのベルギー人選手は内転筋を痛めており、週末に行われるウルヴァーハンプトン戦と、ベルギー代表の試合を欠場することになる。
代表監督のロベルト・マルティネスは、今回の代表ウィークのメンバーに彼を招集していない。

低調トッテナムにさらなる打撃 守護神ロリスが肘脱臼の大怪我


「小さな負傷だ。代表ウィーク明けには良くなっていると思う」とペップはウルブス戦前日会見で負傷を認め、カイル・ウォーカーについても言及している。
シティの同SBはイングランド監督ガレス・サウスゲートのメンバーから2度続けて招集外となっている。
以下がグアルディオラの会見場でのコメントである。


■デ・ブライネについて
「デ・ブライネは明日プレーしない。小さな負傷だ。代表ウィーク明けには良くなっていると思う」


■再びイングランド代表選外となったカイル・ウォーカーについて
「ウォーカーは彼の前に立ちはだかる大きな挑戦と戦っている。彼はその挑戦に打ち勝ち、証明してくれる選手だ。私は彼なら必ずできると思っている」


「ウォーカーは並外れたサイドバックとなり、ここ数年そのレベルをキープしてきた。ウォーカーには深い位置まで侵入し、クロスを上げることではなく、より中央で攻撃を組み立てることを何度も要求してきた。彼は何でもできる選手だ。私はガレスの意見を尊重しているし、言うことは何もない。代表チームを良くするために彼は取り組んでおり、それは明らかだ。カイルは日々、彼が何者かということを証明する挑戦と戦っている」


■エリック・ガルシアについて
「エリックは我々の選手だ。我々と共にプレーしている選手達は全員トップチームにいるだけでなく、高いレベルでプレーできる選手だ。彼は準備できている」


■ウルヴァーハンプトンについて
「ウルブスのシーズン序盤は、ELが大きく関連していると思っている。ビッグクラブは複数の大会を並行して戦うことに慣れている。彼らは今も堅実な相手である。彼らにはプレミアリーグで上位に食い込むだけの選手が揃っている。非常に堅実な守備を見せ、良い結果を残したELの試合を見たよ」
ウルブスはアウェイのベシクタシュ戦を0-1で勝利してシティに向かってくる。

SPORT

最終更新:10/6(日) 12:51
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事