ここから本文です

山本、2020新球習得へ、その名は「スラッター」

10/6(日) 22:28配信

中日スポーツ

 今季3勝を挙げた中日の山本拓実投手(19)が6日、新球「スラッター」の習得をフェニックス・リーグのテーマに掲げた。カットボールの軌道でスライダーのように曲がって落ちる球。投球の幅を広げ、3年目に向かう。
 「今季、右打者には速い直球か緩い変化球に絞られている感じがあった。130キロ台後半から140キロくらいの球があれば絞りにくい。最後にキュッと曲がって落ちるイメージです」。宮崎入りを前に、山本が新球の狙いを説明した。 
 1軍で9試合に投げたからこそ感じた課題。既に実戦で試してもいた。今季最終戦となった9月30日の阪神戦(甲子園)。「1球だけ投げました」。6回無死、大山への2球目。外角低めに外れたが、138キロの軌道には手応えを得た。

最終更新:10/6(日) 22:28
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事