ここから本文です

「野球では起こり得ること」ラミレス監督悔いなし

10/6(日) 8:00配信

日刊スポーツ

<セ・CSファーストステージ:DeNA7-8阪神>◇第1戦◇5日◇横浜

後がなくなった。2位DeNAが痛恨の逆転負けを喫し、3位阪神に王手をかけられた。6点リードで迎えた7回、3番手のマウンドはバリオス。1死から連打で失点すると、4番手エスコバーにチェンジ。だが、北條に3ランを許し、イニングをまたいだ8回にも失点。1点差まで詰め寄られた。ラミレス監督は「7-1で非常にいい展開だった。その後、バリオスとエスコバーがやられて流れが向こうへ行ってしまった」と継投が裏目に出た。

【写真】7回、北條に左越え3点本塁打を浴びるエスコバー

ブルペンには三嶋もいた。武藤もいた。守護神・山崎は今季は回またぎも経験済み。8回途中から投入する選択肢もあった。その上で、ラミレス監督は「今日、試合中にした決断で後悔することはない。エスコバーを続投させた決断にはまったく後悔していない。ああいうことは、野球では起こり得ること」と、引きずることはなかった。

前を見据える希望はある。シーズン最後に右手小指打撲で抹消された筒香が復帰。今季初の3番起用に応え、初回の先制3ランなど4打点の活躍を見せた。「JOKER」として2番手でマウンドに上がった今永も、2回を1安打無失点とエースの働きを見せた。筒香が「野球は何が起きるか分からない。こういうこともある」と言えば、今永も「雰囲気は悪くない」と切り替えを強調した。勝てばいい。ラミレス監督は「あと2試合勝つにはまず明日勝たなければならない。しっかり準備して明日の試合に集中して、しっかり勝ちたい」と意気込んだ。総力戦で、一戦必勝だ。【栗田尚樹】

最終更新:10/6(日) 8:26
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事