ここから本文です

障害者のための観賞デー

10/7(月) 14:20配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

障害のある人たちにゆっくりと展覧会を楽しんでもらおうという観賞デーが
県立美術館本館で開かれています。

障害者のための鑑賞デーは県立美術館が休館日を利用して1年間に4回ほど開いているもので、手話通訳者やボランティアが観賞する人を支援します。
7日は2階の展示室で開かれている今西コレクションの「浮世絵の世界展」に聴覚障害者の人たちが訪れました。
展示室では、学芸員による解説があり、
聴覚に障害がある人たちは手話通訳を介して作品の見どころなどを解説してもらいました。
「ちょっと気兼ねをしている障害者もいて、そういう人たちのためにも休館日を開館して来てもらうイベント」(県立美術館石丸美穂子さん)

7日の観賞デーはいつもより閉館時間をのばし午後6時まで開かれています。

RKK熊本放送

最終更新:10/7(月) 14:32
RKK熊本放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事