ここから本文です

トランポリンW杯、女子の森3位 男子の岸は5位

10/7(月) 9:41配信

共同通信

 トランポリンの東京五輪予選のワールドカップ(W杯)シリーズ第4戦は6日、スペインのバリャドリードで行われ、女子個人決勝で森ひかる(金沢学院大ク)は56.490点で2戦連続の表彰台となる3位だった。宇山芽紅(スポーツクラブ テン・フォーティー)は8位。

 男子の個人決勝で岸大貴(ポピンズ)は59.830点の5位で、外村哲也(アムス・インターナショナル)は7位。非五輪種目のシンクロナイズド決勝は岸、堺亮介(星稜ク)組が52.380点で制した。(共同)

最終更新:10/7(月) 14:45
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事