ここから本文です

大好きだから中まで知りたい 動物の内部構造を学べる立体パズルシリーズに猫モデルが登場!

10/7(月) 23:00配信

ねとらぼ

 パズル感覚で動物の内部構造を学べる青島文化教材社の「4D VISION 動物解剖モデル」に「猫解剖モデル 橙/白」が登場します。

【画像:猫フィギュアのパーツ】

 馬や牛、イルカなどのリアルな作りが好評の本シリーズの第31弾として登場した「立体パズル 4D VISION 動物解剖 No.31 猫 解剖モデル 橙/白」。塗装済モデルで、肺や腸などの臓器を忠実に再現しています。

 パーツ点数は28点で、全長は約30センチ。接着剤は不要で、「組み立てる⇔分解する」を繰り返すことができます。組立てた後でも体内が鮮やかに見えるハーフスケルトン仕様になっており、学びながら遊ぶことができます。

 価格は税別3200円(予定)。通販限定販売で、2019年12月発売予定です。臓器がどのように入っているか、考えながら組立てることで、今まで知らなかった新しい発見もできるかもしれません。他のシリーズとあわせてコンプリートしたくなりますね!

※写真は開発中のものです。実際の商品とは異なる場合があります。

ねとらぼ

最終更新:10/7(月) 23:00
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事