ここから本文です

国連、シリア最悪の事態に備える

10/7(月) 19:33配信

時事通信

 【ジュネーブAFP時事】シリア危機を担当するパノス・ムムツィス国連地域人道調整官は7日、シリア北部からの米軍撤収開始を受け「最悪の事態に備えている」と表明した。

 ジュネーブで記者団に語った。

 調整官は、トルコの軍事作戦に関し「回答を得られていない疑問が多い」と指摘。作戦の結果「何が起きるのかは誰にも分からない。(現場の)あらゆる方面と連絡を取り合っている」と危機感をあらわにした。国連は不測の事態に備えて民間人の支援計画を立ててきたが、調整官は「それを使わなくて済むよう望んでいる」と述べた。 

最終更新:10/8(火) 18:02
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事