ここから本文です

秋ドラマ期待度1位は、13年ぶり続編『まだ結婚できない男』 今期は“キャラ強め”な主人公に注目集まる

10/7(月) 8:10配信

オリコン

 秀作揃いの夏ドラマが終わりを告げたかと思えば、早くも10月クールの“秋ドラマ”が続々とスタートする。人気原作の実写化作品が目立った7月クールから一変、10月クールは“挑戦的”なオリジナルドラマが数多くラインアップしているが、なかでもドラマファンが注目している作品は何か? 週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』では、2019年10月クールの主要ドラマを対象に恒例の期待度調査を実施(NHK連続テレビ小説は除く。また、9月12日時点で詳細解禁前だった『おっさんずラブ-in the sky-』は除外)。結果、阿部寛が独身の偏屈男を好演し人気を博したドラマの13年ぶりの続編となる関西テレビ・フジテレビ系『まだ結婚できない男』(火曜 後9:00)が、80Pt満点中77Ptという高得点をマークし「秋ドラマ期待度ランキング」1位を獲得した。視聴者はどのポイントに注目しているのだろうか?

【一覧表】あなたは何を観る? 秋ドラマ期待度ランキング TOP10

◆“濃い役”をユーモアたっぷりに好演 阿部寛に寄せられる絶対的な信頼

 2006年7月期に放送された『結婚できない男』は、偏屈で独善的で皮肉屋だがどこか憎めない40歳独身の主人公・桑野信介(阿部)が、1人の女性との出会いをきっかけに恋愛、結婚を模索していくコメディドラマ。前作では、夏川結衣演じる女医の夏美と“良いムード”で物語を終えていたのだが…。あれから13年、桑野は53歳になっても独身のまま、偏屈さに一層の磨きをかけ舞い戻ってくる。

 視聴者が熱いまなざしを向けるのは、桑野を演じる主演・阿部の演技。阿部といえば、ドラマ『TRICK』(テレビ朝日系)シリーズや『アットホーム・ダッド』(関西テレビ・フジテレビ系)、映画『自虐の詩』、『テルマエ・ロマエ』など、数々の作品で個性的な登場人物を魅力的に演じてきた。なかでも本作の主人公・桑野の偏屈なキャラクターは評判が高く、「阿部さん演じるコミカルな桑野が大好きだったので、また会えるのが楽しみ」(50代女性/大阪)、「やっぱり結婚できていなかったんですね(笑)。偏屈ぶりがどれだけパワーアップしているのか注目です」(30代女性/東京)、「阿部さん演じる桑野が愛嬌たっぷりで大好き。新たな女性たちとの出会いでどんな心境の変化が起こるか楽しみ」(30代女性/東京)とのコメントが寄せられている。

1/3ページ

最終更新:10/9(水) 22:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事