ここから本文です

驚愕の時計、驚愕の走りでサリオス「来春まで無事でいて」【サウジアラビアRC回顧】

10/7(月) 18:02配信

優馬

競馬専門紙「優馬」佐藤直文のレース回顧

 2年前のこのレースでダノンプレミアムが従来のレコードをコンマ5秒も更新する1分33秒0を叩き出した時には、しばらくは破られないだろうと思ったのだが、それをコンマ3秒も上回るとは。開幕週であっても、他のレースでそこまでの速い時計も出ていなかっただけに、驚きは尚更だった。

 サリオスは、抑え切れないほどの手応えで道中は3~4番手を追走。直線を向いて追い出されてからは少しエンジンのかかりが遅く、突き抜けるまでには至らなかったが、上がりは33秒1を計時していたのなら、2着馬も強かっただけだろう。540キロの雄大な馬格からも、間違いなくクラシックを狙える器であり、とにかく来春まで無事でいてほしい。

 2着クラヴァシュドールは、勝ち馬の一列後ろから運んで、直線で一旦は前に出るシーンもあった。そこから伸びを欠いたのは、そう見えただけで、この馬も上がりは33秒1。相手が悪かっただけであり、こちらも先々が楽しみな逸材だ。

 3着アブソルティスモは、気分良くハナを切り、直線でも脚色が鈍ったわけではなく、通常のレベルの年であれば逃げ切れていただろう。ただ、マイルは気持ち長いかもしれず、1400mあたりがベストではないだろうか。

 4着ジェラペッシュは、前とは離されたとはいえ1分33秒台で駆けているのだから、そう悲観すべきではない。これから力を付けていくタイプの馬だ。

 5着エンジェルサークルは、最後方から遊びながらの走り。直線でそれなりの伸びは見せたが、まだこれからの馬だろう。

最終更新:10/7(月) 18:02
優馬

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事