ここから本文です

東京2020大会がもたらす「感動の瞬間」と「後の社会変化」とは

10/7(月) 11:01配信

みんなの2020

 オリンピック・パラリンピック(オリ・パラ)の開催まで一年を切った今、この大会は何を目指して開催されるのかについて改めて考えておきたい。基本コンセプトに掲げられた「多様性と調和」のように、オリ・パラが理念として掲げる価値を大事にすること、そして、復興五輪が掲げた「復興」の意味について今一度問い直すことが重要だ。オリ・パラは社会をどのように変えうるのか、さまざまな課題の先に見える解決策を模索する。

 オリ・パラの開催まで一年を切り、競技実施に向けたテストが始まっている。克服すべき問題が続々と出てきて、先行きは相変わらず不安視されているが、残りの準備期間にどのようなことを考えていかなければならないのか、前向きに課題を探ってみたい。

○大会の3つの基本コンセプト(ビジョン)

 オリ・パラ開催の意義、理念が見えないと招致から言われ続けここまで推移してきた。9月に開幕したラグビーW杯などを見て、大会の理念が特に問われていないことからもわかるように、オリ・パラには人びとの特別な期待が存在する。それは都市開発によるインフラの整備や競技場の新設などといった手段的なものとは根本的に異なる期待だ。
 オリンピックと平和概念の関係性は有名だが、東京大会について多くの人が真っ先に思い浮かべるのは「コンパクトな大会」だろう。肥大化するオリンピックに新たな価値観をもたらすものと期待されたが、競技場の東京都以外への拡散と経費超過によってすでに実現性はない。それでは、組織委員会が掲げた三つの基本コンセプト(「全員が自己ベスト」、「多様性と調和」、「未来への継承」)はどうだろうか。
 ここで特に注目したいのが後者の二つである。「多様性と調和」、そこには「人種、肌の色、性別、性的指向、言語、宗教、政治、障がいの有無など、あらゆる面での違いを肯定し、自然に受け入れ、互いに認め合うことで社会は進歩。」と書き込まれている。多くの人がこのフレーズに納得しつつも、隣国との関係悪化に象徴されるように、現在の社会を巡る状況はそれと真逆に進んでいると感じられるのではないだろうか。この主張にこそ、オリンピックを開催することの意義の一つがあり、今こそ前面に押し出して主張すべきコンセプトである。
「未来への継承」はもちろんレガシー(遺産)の創造と継承が意図されている。すでに明らかになっているように、大会はポジティブ(正)な遺産のみを生み出すわけではない。ネガティブ(負)な遺産をいかに減らし、ポジティブな遺産を増やすことができるのかが大会の成否を左右する。多くの人が懸念しているように、大会運営費に加え、都市開発等の間接的な経費を含めれば3兆円を超すのではないかとみられる大会経費は、負の遺産を多く生む可能性がある。しかしながら、一方で、日本や東京における競技・スポーツ環境が改善したり、バリアフリー化を促進したりするなど、人びとの実生活に役立つ投資も行われている。
 直接的な大会運営費の1兆3500億円は、テレビ放映権等の収入で半分がまかなわれ、ロンドン大会の1兆1350億円と比較しても大きすぎるというわけではない。その他の間接的な経費は全貌がわからない面もあるが、会計検査院の指摘などで、都や国の関連支出は1兆4000億円あまりとみられている。3兆円という額に目を奪われがちだが、この投資が何を生み出すのかについて、東京都や組織委員会をはじめ、もっと丁寧に説明責任を果たすことが必要である。現在はその努力が決定的に欠けているように思う。
 この額の大きさがオリンピック反対の根拠(社会福祉など、必要なところに投資すべき)になり得る一方で、無駄は生み出されていないのかをチェックしながら、それがどのような価値の創造に向けられているのかについても見ていくことが必要だろう。

1/4ページ

最終更新:10/7(月) 11:01
みんなの2020

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事