ここから本文です

「次世代を担う選手が少ない」スポーツライター・小関順二さんドラフト指名予想【巨人編】

10/7(月) 20:13配信

高校野球ドットコム

 今夜も始まりました!スポーツライター・小関順二さんと高校野球ドットコム・河嶋副編集長による12球団分析ドラフト予想。

  10月17日に控えたドラフト会議を前に、ドラフト専門記者の小関順二氏に、各球団ごとに今年のドラフト予想をしていただいた。
 それぞれの補強ポイントを整理すると共に、どの選手を指名するのか、球団の台所事情を踏まえて解説していく。今回は読売ジャイアンツ編をお届けしたい。

1位 読売ジャイアンツ
〈勝-敗-分〉77-64-2
〈勝率〉.546
〈打率〉.257
〈防御率〉3.77

★補強ポイント:将来性を見据えた投手

【補強ポイント】
小関:近年のドラフトの積み重ねやFA補強で、大きい欠点はないと言えます。
特に、リーグトップの663得点の成績から打の選手は揃っていると言えます。しかし、投手の面で次世代を担う選手が少ないですね。将来を見据えた視点が必要ではないでしょうか。

 そこで、小関さんがおススメの選手として挙げたのが以下の通り。

佐々木 朗希(大船渡)投手
西純矢(創志学園)投手
前 佑囲斗(津田学園)投手
及川 雅貴(横浜)投手

小関:一位指名が佐々木か奥川か、となって来た時、出来上がったときの大きさは佐々木の方が上という評価のようです。巨人のスカウト部長の発言から見ても、節々佐々木を推す声があります。
外した場合、西が外れ一位。いずれにしても投手を上位指名行くのではないでしょうか。

最終更新:10/7(月) 22:54
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事