ここから本文です

渋野日向子 台湾選手権への出場発表 東京五輪へポイント高い「米女子ツアー」へ2度目参戦

10/7(月) 22:42配信

中日スポーツ

 女子ゴルフで日本ツアー賞金ランキング2位の渋野日向子(20)=RSK山陽放送=のマネジメント会社は7日、台湾・新北市で31日から11月3日まで開催される米女子ツアーのスウィンギングスカート台湾選手権に渋野が主催者推薦で出場すると発表した。

 米女子ツアー大会の出場は、日本選手として42年ぶりに海外メジャー大会で優勝した8月のAIG全英女子オープン以来。渋野は同社を通じ「2回目の米ツアー参戦ですが、試合に出場するからには良い結果を残せるように精いっぱい頑張ってきます。日本の皆さまに良い報告ができるように頑張りますので、応援していただけるとうれしいです」とコメントした。

 渋野は全英女子オープン優勝で来年までの米女子ツアー出場権を得たが、国内でプレーを続ける道を選んだ。ただ、目標とする東京五輪出場のためには、日本ツアーよりもポイントの高い米女子ツアーでプレーする方が有利だ。スウィンギングスカート台湾選手権の翌週は、日米両ツアー共催のTOTOジャパンクラシック(滋賀・瀬田GC北C)が開催される。移動時間の短い台湾での試合を含めた2試合連続出場が可能になったことで決断したとみられる。

 東京五輪出場は世界ランキングで決まる。日本は上位2人の選出になることが濃厚。現在、渋野は11位で、6位の畑岡奈紗(20)=森ビル=に次ぐ日本選手2番手につけている。3番手は世界ランキング27位の鈴木愛(25)=セールスフォース。足場を固めるため、今後も米女子ツアーへの出場があるかもしれない。

最終更新:10/7(月) 22:42
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事