ここから本文です

楽天携帯、利用者抽選へ…希望者5000人超す

10/7(月) 22:58配信

読売新聞オンライン

 楽天は、今月中旬から試験的に始める携帯電話事業の利用希望者が予定の5000人を超えたとして、利用者を抽選で選ぶ方針を明らかにした。申し込みも7日午前で締め切った。試験サービスは今月中旬から来年3月末まで無料で受けられるため、今月1日の利用受け付け初日に希望者が5000人を突破した。

 対象となるのは、東京23区と大阪、名古屋、神戸各市の居住者。今月7日までに申し込んだ希望者の中から5000人が抽選で選ばれる。

 同社は、最終的な希望者数や抽選方法は明かしていない。当選者のみに11日にメールで連絡し、13日以降、スマホ端末と通信サービスに必要な「SIMカード」を発送し、到着し次第、使えるようになるという。

 楽天が携帯電話事業に本格参入する上で最大の課題である基地局整備は、依然として停滞している。楽天の基地局は総務省の専用サイト(7日時点)によると、約1500局で、来年3月末に目指している3432局の半分以下だ。

 当面は、東京都内などでも自社通信網が届かない地域はKDDI(au)の通信網を借りるという。

最終更新:10/7(月) 23:00
読売新聞オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事