ここから本文です

元イングランド代表DFがケインにシティ移籍を助言? 「アグエロの退団を待たなければならないが…」

10/7(月) 16:30配信

超WORLDサッカー!

元イングランド代表DFのグレン・ジョンソン氏がトッテナムの同国代表FWハリー・ケイン(26)にマンチェスター・シティ行きを薦めている。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えた。

昨シーズン、チャンピオンズリーグ(CL)で準優勝したトッテナム。だが、今シーズンのプレミアリーグでは8試合消化時点で3勝2分け3敗の勝ち点11で9位に低迷。5日に行われた第8節のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦では格下相手に0-3の大敗を喫した。

さらに、EFLカップ3回戦ではリーグ2(イングランド4部相当)のコルチェスターを相手に敗北。CLグループステージ第2節のバイエルン戦でも2-7の屈辱的な大差で敗れており、現状ではとてもタイトルを争えるチーム状況ではない。

この状況を受けて、リバプールやチェルシーなどのクラブで活躍したグレン・ジョンソン氏はスリーライオンズの後輩ケインに対して、タイトル獲得を望むのならばトッテナムを離れる必要があると主張。同氏は『BetDaq』で以下のように語っている。

「もし私がハリー(・ケイン)の立場ならば、自分が他のクラブに行きより良い選手と共にプレーした方が、よりタイトル獲得に近づけると考えるだろうね」

「恐らく、彼がスパーズに今後数年間残った場合、彼自身の目標は枯渇することになるはずだ。そして、彼はクラブを離れる気がする」

「個人的にフットボールに(クラブに対する)忠誠心は不必要だと思う。そして、彼はまず自分のことを優先するべきだと思う」

さらに、移籍先の候補としては一時噂に挙がったレアル・マドリーなど国外のクラブではなく、シティの名前を挙げている。

「彼はスペインのスタイルに向いていないと思う。(FWセルヒオ・)アグエロの退団を待たなければならないかもしれないが、(マンチェスター・)シティが良いのではないかと思う」

「ただ、これはあくまで私見であり、実際に起きるかは別の話だよ」

「私がハリーだったら、何をすべきか理解している。自身のキャリアのために勝利に近いクラブに移るだろう」

そのケインは今シーズン、ここまで公式戦10試合に出場し7得点1アシストを記録するなど、相変わらずの安定感を見せている。タフな交渉人ダニエル・レヴィ会長が国内のライバルに生え抜きのエースを売り渡す可能性は低いが、今後もクラブの低空飛行が続けば、愛するクラブを離れる決断を下す可能性は十分にありそうだ。

超WORLDサッカー!

最終更新:10/7(月) 16:30
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ