ここから本文です

F2王者デ・フリース、F1チームとの交渉実らず、2020年参戦を断念

10/7(月) 9:29配信

オートスポーツweb

 2019年FIA-F2チャンピオンに輝いたニック・デ・フリースは、2020年にF1に昇格する道を探ったものの、失敗に終わったと語った。

FIA-F2第11戦ロシア レース1表彰台。中央がデ・フリース

 24歳でオランダ出身のデ・フリースは、9月末に開催されたロシア・ソチ戦のレース1で勝利し、タイトルを獲得した。

 元F2王者のシャルル・ルクレールとジョージ・ラッセルは、タイトル獲得後の翌シーズンにはF1に昇格している。昨年2位のランド・ノリスと3位のアレクサンダー・アルボンも、今シーズン、F1チームのシートをつかんだ。

 それ以前も、GP2チャンピオンのピエール・ガスリー、ストフェル・バンドーン、ジョリオン・パーマーもすぐにF1チームに起用されている。だがデ・フリースは、少なくとも来年は、彼らの後に続くことはないという。

「過去5年間にわたってチャンピオンはF1に昇格してきているし、トップ3チームにも加入している」とデ・フリースは語った。

「けれど保証があるわけではないし、そのことは分かっていた。僕のコントロールのまったく及ばないことだから、心配しても仕方ない」

 代わりにデ・フリースは2019年/2020年シーズンのABBフォーミュラE選手権にメルセデスから参戦し、バンドーンのチームメイトを務める。また、12月には、バーレーンで行われるFIA WEC世界耐久選手権のルーキーテストにおいて、トヨタのLMP1マシンに乗る見込みだ。

「バーレーンでのルーキーテストで、ニックとともに仕事をすることを楽しみにしている」とトヨタのテクニカルディレクターを務めるパスカル・バセロンは語った。

「彼はF2で証明したように明らかな才能があり、多くのポテンシャルを持つドライバーだ」

 デ・フリースはWEC世界耐久選手権のLMP2クラスに、レーシングチーム・ネーデルランドから参戦している。彼はWECとフォーミュラEでの新たな挑戦に胸を躍らせる一方で、F1でのポジションを探したものの、空いているシートはひとつもなかったと認めた。

「いくつか話し合いを持ったが、十分なだけの動きがなかったんだ。ほとんどのドライバーが現在のチームに残留する」とデ・フリースは先週、オランダの放送局『Ziggo Sport』に語った。

「もちろんF1は今でも夢だけれど、今の状況では現実的ではない。子供のころは、F1とそこへ至る道について夢見るものだ」とデ・フリースは語った。

 デ・フリースは、フォーミュラEへの参戦でメルセデスと新たな関係を結ぶことによって、将来F1への扉を開くことができるかもしれない。

「僕のキャリアにとってこれは間違いなくベストな一歩だと思うし、メルセデスでのチャンスに本当に感謝している」とデ・フリースは言う。

「今は何よりもメルセデスのドライバーとなることに満足しているし、誇りに思っている」

「メルセデスは4台のマシンで世界中でレースをする。2台はF1、もう2台はフォーミュラEだ。そしてそのうちの1台は僕のものなんだ!」

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/7(月) 9:30
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事