ここから本文です

オムニチャネル対応などの次世代決済プラットフォーム「stera」とは。GMO-PGや三井住友カードらが開発

10/8(火) 9:01配信

ネットショップ担当者フォーラム

GMOペイメントゲートウェイ(GMO-PG)と三井住友カード、ビザ・ワールドワイド・ジャパンの3社は10月2日、EC事業者や小売店などを対象とした新たな決済プラットフォーム「stera」の提供を開始した。

クレジットカードや電子マネー、QRコードといったキャッシュレス決済の過程で必要な機能を幅広く提供。リアル店舗とECのデータ連携も実現するという。複数の決済手段に対応した端末を今年度中に提供する。

■ 「stera」の5つの特徴

□ 1.オムニチャネル対応

実店舗とECの決済インフラをパッケージで提供する。実店舗とECの決済データを統合。1つのダッシュボードで閲覧やダウンロードを行えるほか、実店舗とECの決済データを統合的に分析できる。

□ 2.センター機能の一元化

三井住友カードとGMO-PGゲートウェイが決済センター機能を共同で構築した。クレジットカードや電子マネー、QRコードといった決済手段に対応する。

EC向けにはGMO-PGの決済サービス「PGマルチペイメントサービス」を「stera」専用にカスタマイズして提供。実店舗決済とネット決済のセンター機能を一体的に運営し、オムニチャネルにも対応する。

□ 3.複数の決済手段に対応した端末

クレジットカード、電子マネー、QRコードなど複数の決済手段に対応した決済端末「stera terminal」を2020年3月までにリリースする。Android OSを採用し、オンライン上の操作だけで端末の機能を追加できるようにする。

□ 4.グローバルレベルのネットワーク

「stera」のネットワークは、Visaのグローバルネットワークを活用しており、処理能力は毎秒6万5000件以上という。不正検知機能は、Visaの検知ロジックと三井住友カードのノウハウを掛け合わせた独自のプログラムを構築した。

□ 5.アプリマーケット「stera market」

決済端末「stera terminal」で利用できるアプリを取りそろえたアプリマーケットプレイス「stera market」を開設する。決済機能に加え、さまざまな業務アプリを提供する予定。


■ 合弁会社「GMOデータ」設立

「stera」の提供に先立ち、三井住友カードとGMOフィナンシャルゲート(GMOペイメントゲートウェイの連結子会社)は、決済プラットフォーム事業を効率的かつ持続的に運営するため合弁会社のGMOデータを2019年8月に設立した。

最終更新:10/8(火) 9:01
ネットショップ担当者フォーラム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事