ここから本文です

輝き放てなかったエース 笑顔の奥にたぎる思い【タカ番記者の好球筆打】

10/8(火) 9:01配信 有料

西日本スポーツ

あいさつを終え引き揚げる千賀(左)と松田

 ◆パ・リーグCSファーストステージ第3戦 ソフトバンク2-1楽天(7日・ヤフオクドーム)

 何と表現すればいいのか。いろいろ考えを巡らせてみたが、一つ言えるのは内川の本塁打はみんなを「幸せにした」ということだ。

 胃がキリキリするような試合展開で同点打に決勝本塁打だ。シーズン中は期待を裏切ることが多かったけれど、本当に大事なここぞの場面で打つんだから、やっぱり「格」が違う。

 ただ、少し残念だったのは試合後のヒーローインタビューがなかった点だ。クライマックスシリーズ(CS)各ステージ突破チームが決まった試合は、勝利監督がインタビューを受ける。内川の肉声がファンに届くことはなかった。

 試合展開が試合展開だっただけに、語彙(ごい)力豊富な内川の喜びの声を待っているファンは多かっただろうし、こちらもどんな言葉が飛び出すか楽しみにしていたけれど、決まり事だから仕方がないと割り切り、勝利の余韻に浸った。 本文:1,103文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

西日本スポーツ

最終更新:10/8(火) 9:01
西日本スポーツ

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る