ここから本文です

「ZOZO」出場権かけた決戦 今平周吾は今季初勝利なるか

10/8(火) 12:11配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内男子◇ブリヂストンオープン 事前情報◇袖ヶ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コース (千葉)◇7119yd(パー71)

【画像】また新たな黄金世代

1973年にスタートした4日間大会は10日(木)に開幕する。102人で争う賞金総額は1億5000万円(優勝3000万円)。開催時期が例年より2週前倒しになり、次週の国内メジャー第3戦「日本オープン」、そして2週後の日米ツアー共催競技「ZOZOチャンピオンシップ」というビッグイベントを見据えた試合になった。

今大会の上位3人(プロのみ。タイの場合は賞金ランク上位者を優先)のほか、大会終了後の賞金ランキングから算出されるZOZOランキング上位7人(上位有資格者を除く)が、ことし初開催の「ZOZO-」の出場権を手にする。すでに主催者推薦による出場資格も手にしている石川遼がランク1位。同2位につける前年度賞金王・今平周吾はディフェンディングチャンピオンとして、ことしも袖ヶ浦でシーズン初勝利を狙う。

前週「トップ杯東海クラシック」で今季初勝利を挙げたショーン・ノリス(南アフリカ)が賞金ランクで20位から8位に浮上し、米ツアー出場をかけた争いに加わった。ブリヂストンの主催大会でホストプロの堀川未来夢は9位、比嘉一貴が11位から逆転のチャンスをうかがう。

また、優勝者は来年7月の世界選手権シリーズ「WGCフェデックスセントジュード招待」の出場資格も獲得する。

〈主な出場予定選手〉
今平周吾、秋吉翔太、浅地洋佑、市原弘大、石川遼、大槻智春、尾崎将司、片山晋呉、チャン・キム、ブレンダン・ジョーンズ、谷口徹、比嘉一貴、藤田寛之、星野陸也、武藤俊憲

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ