ここから本文です

「ダンロップフェニックス」に19年全米OP覇者が出場 松山英樹は調整中

10/8(火) 15:53配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

国内男子ツアー「ダンロップフェニックストーナメント」(11月21日開幕、宮崎・フェニックスカントリークラブ)の大会主催者は8日(火)、宮崎市内のホテルで会見し、2019年「全米オープン」覇者のゲーリー・ウッドランドら海外からの招待選手を発表した。

【画像】大里桃子がプロの生きがいを感じた18番

ウッドランドは2011年大会以来8年ぶり2度目(35位)の出場。主催者を通じ「今は昔よりも完成度の高いゲームができるようになりました。たくさんのバーディを奪うところを大勢のギャラリーのみなさんに見てほしいと思います」とコメントを寄せた。

合わせて、米国男子ツアー今季第3戦の「セーフウェイオープン」でツアー2勝目を挙げ、昨季ドライビングディスタンス1位のキャメロン・チャンプをはじめ、コリン・モリカワ、マックス・ホマ、マーティン・トレイナー、ジェイク・ナップの参戦が決まった。いずれも初出場となる。

今年で46回目を迎える大会は、賞金総額2億円(優勝賞金:4000万円)を懸け、国内外のトッププレーヤー84人で争われる。

2014年大会覇者の松山英樹は、現在出場を調整中という。

【放送予定】
・地上波
11月23日(土)大会3日目14:00~15:54(LIVE)
11月24日(日)大会最終日15:00~16:54(録画)
※いずれもMBS発TBS系列全国24局ネット

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事