ここから本文です

僕にとっても、ホンダにとっても特別な場所……レッドブル・ホンダのフェルスタッペン、鈴鹿F1に意気込み

10/8(火) 12:40配信

motorsport.com 日本版

 いよいよ今週末に迫ったF1日本グランプリ。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが、ホンダの母国凱旋レースに挑む意気込みを、チームのプレスリリースに語った。

【ギャラリー】マックス・フェルスタッペンF1”デビュー”:2014年日本GP

「鈴鹿は僕にとって特別な場所なんだ。だから今から本当に楽しみだよ」

 そう語るフェルスタッペン。彼にとってF1の公式セッション初走行は2014年日本GPのフリー走行1回目だったのだ。

「17歳になったばかりの頃、(鈴鹿の)フリー走行でF1デビューを果たしたんだ。それは決して忘れられない思い出だよ」

「鈴鹿では、良い結果をたくさん手にした。2位と3位で表彰台に立ったこともある。でも、勝ったことはまだないんだ。だから僕らは、もう1段高いところに立ちたいと思っている」

 鈴鹿サーキットの印象について、フェルスタッペンは次のように語る。

「ドライブするのがとても楽しいし、本当にエンジョイできるんだ。鈴鹿は大好きなところだよ。サーキットには長い歴史がある。しかもとてもコース幅が狭く、そしてすごく速い。サーキット”全体”しっかりと使いこなすのが、とても重要なんだ」

「正しいバランスを見つけ、ターン3~6(S字~逆バンク)まで良い流れで走らないといけない。もしひとつのコーナーでもうまくクリアできなかったら、その後はうまいポジションを取ることができなくなってしまうんだ」

 フェルスタッペンは、フェラーリが強力なライバルになる可能性が高いことを認めつつも、ホンダの母国で好結果を残したいと意気込む。

「フェラーリはとても強いだろう。彼らにはパワーがあるし、ストレートでも速いはずだ。でも僕らはコーナーで速いはず……そこでタイムを稼げるといいね」

「日本のファンはF1に対してすごく情熱的だし、サーキットで僕らを応援してくれるたくさんの彼らの姿を目にするのは、素晴らしいことなんだ。でも、今年の日本グランプリはさらに特別なモノになるはず。僕れはホンダと共に、彼らのホームレースを戦うんだからね」

「今年の僕らは、ホンダと素晴らしい結果を残してきた。鈴鹿も簡単なレースになることはないだろうけど、日本のファンのみんなに、最高のパフォーマンスをお届けするよ!」

最終更新:10/8(火) 12:40
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事