ここから本文です

【KNOCK OUT】宮元啓介vs小笠原裕典が決着戦、共にKO勝利を宣言する

10/8(火) 21:45配信

イーファイト

 11月1日(金)東京・後楽園ホールにて開催される『 KNOCK OUT 2019 BREAKING DAWN 』の対戦カードが発表された。

【フォト】右ハイキックで鮮烈KO勝利する宮元

 WBCムエタイ日本スーパーバンタム級王者・宮元啓介(26=橋本道場)が、ONE Championshipに参戦している元WBCムエタイ日本統一スーパーバンタム級王者・小笠原裕典(27=クロスポイント吉祥寺)と対戦する。

 両者は2018年2月にREBELSのリングで対戦し3Rドローに終わっており、その後再戦の話が持ち上がるも、小笠原がONEとの契約があり流れた経緯がある。今回はONE側にも承諾を得て満を持しての決着戦となる。

 宮元は空手をバックボーンに2010年にプロデビュー。空手仕込みの足技を得意とし、国内軽量級のトップクラスで活躍。これまでWPMF世界スーパーバンタム級王座を始め6本ものチャンピオンベルトを獲得。那須川天心を始め、小笠原瑛作、江幡塁ら国内トップ選手たちとしのぎを削ってきた。

 直近の試合は今年7月のINNOVATIONフェザー級王座決定戦で、判定勝利し6本目のベルトを巻いている。

 対する小笠原は長い手足を利した攻撃で2017年1月WBCムエタイ日本統一スーパーバンタム級王座を獲得。
 昨年6月にONE初参戦し、鮮烈KO勝利を飾ったが、その後は3連敗中と厳しい状況だ。

 宮元はコメントで「小笠原選手がONEと契約しているのは聞いていたので、できるのかなと思っていたので嬉しかった。前回は3Rルールだったけど、今回はヒジあり5Rで決着をつけられる。始めからガンガン行って、僕が倒して勝って終わりたい」と完全決着を予告。

 対する小笠原も10月6日の『REBELS.63』で「必ず倒せるように頑張る」とコメントしている通り、早期決着を宣言している。

最終更新:10/8(火) 21:45
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事