ここから本文です

乃木坂・井上小百合とAKB・太田奈緒 舞台共演でファン場外乱闘

10/8(火) 11:44配信

東スポWeb

 乃木坂46とAKB48が火花を散らす――。乃木坂46・井上小百合(24)が主演する舞台「フラガール―dance for smile―」(東京・日本青年館ホールなど、18日から)に、AKB48・太田奈緒(24)が出演することが決まり、ファンが場外乱闘の様相を呈している。5日に来春の卒業を発表した井上と、AKB48復権に燃える太田。舞台上の“負けられない戦い”はどちらに軍配が上がるのか。

 同舞台は、2006年に公開され、蒼井優が主演した映画「フラガール」を舞台化したもの。昭和40年代の福島県いわき市を舞台に、石炭産業に生きる町と人を描く。

 主要キャストには主演の井上をはじめ現役や元アイドルが多数出演。その中でファンから大きな注目を集めているのが、AKB48・太田の出演だ。

「乃木坂46とAKB48はともに秋元康氏がプロデュースしており、かつて“公式ライバル”を前面に出して切磋琢磨していた時期がある。早くも両者のファンは『どちらの演技がうまいのか?』とバチバチで場外乱闘の様相です。太田も井上を意識し、『負けていられない気持ちです』と闘志を燃え上がらせている」(芸能プロスタッフ)

 昨年まで2年連続で日本レコード大賞の大賞を受賞し、いまや国民的アイドルグループとして人気を博す乃木坂46。対してAKB48は11年、12年の連続受賞からレコ大の大賞から遠ざかっている。

 最近は人気で押され気味ともいわれるだけに、太田は「乃木坂さんとかのファンの方もいらっしゃると思うので、ちょっと奪えるように頑張ります」と堂々と宣言。負けず嫌いで努力家として知られる太田は、演技で“AKB48、ここにあり”を見せつける覚悟を持っているという。

 ただ、主演の井上といえば、乃木坂46の中でも特に舞台経験が豊富なメンバーの一人。そんな主役を食う演技をすることは並大抵ではできない。

 AKB48の運営は舞台の制作サイドから今回の出演依頼が届いた際、昨年から舞台出演を増やしている太田を送り込むことを決定。今年2~3月の舞台「山犬」では猟奇的な演技に挑戦するなど“グループ随一の演技派”と評価しているからだ。

「AKB48のメンバーが出演する舞台を見に来た業界関係者が異口同音に絶賛するのが、太田奈緒です。太田なら乃木坂の井上小百合さんと互角以上の戦いができると思います」とは運営関係者。

 一方、井上は5日に来春をメドにグループから卒業することを自身のブログなどで発表。卒業日は未定だが、来年3月13日から上演される出演舞台「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」までは乃木坂46として活動する予定という。

 井上は自身のブログで「この先、後輩達が色んな夢を追って活動していけるように素敵な道をつくっていけたらと思ってます」と決意を表明。乃木坂の未来のためにも、太田に演技で負けるわけにはいかない。

 始まる前から場外乱闘がスタートした注目の舞台。本番はどちらに軍配が上がるのか。

最終更新:10/8(火) 11:46
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事