ここから本文です

JR東、台風19号で計画運休なら「混乱起きない形に」

10/8(火) 18:37配信

毎日新聞

 JR東日本の深沢祐二社長は8日の定例記者会見で、大型の台風19号が週末にも日本に接近した場合の計画運休について「前回の台風15号の反省を踏まえ、運転再開時の対応、情報周知について準備を進めている。混乱が起きないような形にしていきたい」と述べた。

 台風15号が9月9日に関東地方を縦断した際、JR東は首都圏で始発から「計画運休」し、午前8時ごろから運転再開を計画していた。しかし、一部の路線で復旧・点検に時間がかかったため運転見合わせが長引き、約277万人に影響が出た。

 深沢社長は「台風15号は速度が予報より遅くなり、点検作業もその分、遅れてしまった。今回は、点検作業の事前の配置の見直しをしている。ホームページもつながりにくくなったので、改修するなど、対応を準備している」と説明した。【平井桂月】

最終更新:10/8(火) 18:37
毎日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事