ここから本文です

ひょっこりはん、結婚以来初の公の場 新妻は「イカのような人」…衣装もお手製

10/8(火) 15:17配信

デイリースポーツ

 お笑いタレントのひょっこりはん(32)が8日、東京・葛西臨海水族園で行われたイベント「サステナブル・シーフード・ウィーク2019 オープニングイベント」に出演。4日に公式ツイッターで結婚を発表して以来、初めて公の場に姿を見せた。妻を「イカのような人」と独特の感性で表現。デビュー当時から、妻が衣装を手作りしてくれていたことも明かした。

 イベント中には“新婚トーク”はいっさい見せなかったが、終了後の会見では、報道陣からの質問に応じて「ありがとうございます」と笑顔。「生活はそんなに変わってないです。前から一緒に住んでたんで」としつつ、「いろんな芸人さんや友達が(おめでとうと)言って下さって、恋愛のことは何でも聞いてくれと、そんな気になるような感じ」とのろけた。

 イベントに例え、新妻を魚に表すと「イカのような人」と珍回答。その心を「手が10本ぐらいあるような、衣装も作ってくれるし、料理でもなんでもしてくれる。そして、たまに黒いスミを吐いて…」とジョーク交じりに説明。衣装はデビュー当時から妻のお手製で、衣装のアイデアも妻が出していたことを明かした。

 ひょっこりはんは4日、自身のツイッターで「先日、かねてよりひょっこり支えてくれていたひょっこりちゃんと結婚致しました」と発表。「芸人になりたての時から一緒に笑ったり泣いたりしてくれたひょっこりちゃんを、人生かけて大切にします」と約束した。

 お相手の年齢など素性は明らかにしていないが、サングラスをかけ帽子を被った2ショットもアップ、幸せそうな雰囲気を漂わせていた。

最終更新:10/8(火) 15:36
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事