ここから本文です

広がり続ける「クローズ」の世界!ドット絵ギャグや“海賊版”など一挙発売

10/8(火) 22:33配信

コミックナタリー

高橋ヒロシ「クローズ」関連作の単行本「ピクセルクローズ」、「クローズ海賊版 #クローズで遊んでみた」、「クローズリスペクト」3巻の3冊が、本日10月8日に発売された。

【写真】「ピクセルクローズ」より。(メディアギャラリー他8件)

北原健世が原作、朝田滋がドット絵を担当する「ピクセルクローズ」は、「クローズ」のキャラクターをフルカラーによるドット絵で描いた作品。デフォルメされ、かわいらしい外見になった坊屋春道らがギャグを繰り広げる。またコナミデジタルエンタテインメント監修のもと、「グラディウス」「イー・アル・カンフー」「がんばれゴエモン! からくり道中」「ツインビー」といったレトロゲームのキャラクターとのコラボマンガも収録されている。秋田書店のWebサイト・日刊月チャンで連載中だ。

同じく日刊月チャンにて、「Re:クローズ」のタイトルで連載中の「クローズ海賊版 #クローズで遊んでみた」は、「クローズ」のコマを再利用し、セリフを差し替えたもの。「クローズリスペクト」は月刊少年チャンピオン(秋田書店)で連載されたトリビュート企画を1冊にまとめた単行本の第3弾で、荒木光、山本真太朗、中村勇志、齋藤周平、アメノ、高橋伸輔、鈴木大が、それぞれの考える「クローズ」を描いている。

また本日、高橋の「WORST」のスピンオフ作品である、スズキリュータ「WORST外伝 グリコ」3巻、きだまさし「WORST外伝 ドクロ」2巻も同時発売された。

■ 「クローズリスペクト」3巻収録作品
荒木光「クローズERASER」  
山本真太朗「伝説がいた街」  
中村勇志「マケイヌ」  
齋藤周平「敬意をはらうべき敵」  
アメノ「鈴蘭高校1年 真山行成の野望」
高橋伸輔「クローズアップ」
鈴木大「クローズLadies」

※高橋ヒロシの高ははしごだかが正式表記。

最終更新:10/8(火) 22:33
コミックナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事