ここから本文です

レメキ、台風による試合中止での8強入りは「男らしくない。試合はやりたい」

10/8(火) 17:25配信

スポーツ報知

 ラグビーW杯で初の8強入りを目指す1次リーグ(L)A組の日本代表は8日、都内で最終戦のスコットランド戦(13日、横浜国際総合競技場)に向けて練習した。報道陣に公開された冒頭15分は、グラウンド上でアップし、その後ボールを使ったミニゲームを行った。その後、ゲームプランを落とし込み、ラインアウトからのオプションなどを確認した。

【動画】オールブラックスのハカ「カ・マテ」

 台風19号が接近し、週末は7試合が予定されているが開催そのものが懸念されている。13日の最終戦が中止となった場合、日本はスコットランドと戦わずして初の8強入りが決まる。大会規定で1次Lは中止でも順延がなく、引き分け扱いに。このため、日本は勝ち点2を得て、自動的にA組1位で1次L通過。12日のアイルランド―サモア戦(博多)が中止になった場合も8強入りが決まる。

 ウィングのレメキ・ロマノ・ラヴァ(ホンダ)は「試合やらずに8強行くのは男らしくない。試合はやりたいね」と話す。ただ「バックスとしては雨は嫌」。濡れるとボールが滑りやすくなりキャッチが大変になる。影響の出やすいキックが減ってFWによる地上戦が増える可能性もある。「風もSOが大変になると思うけど、まぁ大丈夫」と強気。被害が出ずに無事開催されることを願っていた。

 台風19号は猛烈な勢力で北西に進路を取り、週末にかけて国内に強風と大雨をもたらす恐れがある。12~13日は1次リーグが大詰めで、12日は愛知・豊田スタジアムなどで3試合を実施。最終日の13日は横浜でA組の日本―スコットランド戦など各地で4試合が行われる。

最終更新:10/8(火) 18:22
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事