ここから本文です

熱処理厚板 豪州、対日AD継続

10/8(火) 11:19配信

日刊産業新聞

 豪州政府は2日、日本製などの熱処理厚板輸入に対するアンチダンピング(AD)課税の見直し調査(サンセットレビュー)で、措置継続を決定し、4日公示した。日本製で25・8%の課税が続く。日本鉄鋼連盟の北野嘉久会長(JFEスチール社長)は7日、措置継続は不適切で遺憾とする声明を出し、日本の業界として詳細を精査、今後の対応を検討するとした。

最終更新:10/8(火) 11:19
日刊産業新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事