ここから本文です

星野リゾート、山口・長門湯本温泉に「界」ブランド旅館を開業へ、武家文化を生かした全40室で

10/8(火) 12:34配信

トラベルボイス

星野リゾートは2020年3月12日、山口県・長門湯本温泉に「星野リゾート 界 長門」を開業する。温泉旅館の界ブランドでは16施設目。山口に伝わる「御茶屋屋敷」をテーマとし、ロビーや客室は武家文化を生かした設え、界の特徴であるご当地部屋には徳地和紙のベッドボード、萩焼の作品などを配する。半個室の食事処では、イカをはじめ地域の素材を生かした会席料理を提供する。

星野リゾートは2016年1月に長門市から「長門湯本温泉マスタープラン」の策定を受託。長門湯本温泉は高度成長時代には約40万人の旅行客が訪れていたが、2014年には半分の約20万人にまで減少したことなどが背景で、「界 長門」の進出のほか、温泉街そぞろ歩きをコンセプトに温泉街再生に向けた取り組みを進めている。具体的な取り組みの一つとして、宿泊者以外が利用できるカフェも界ブランドとして初めて施設内に併設する。

「星野リゾート 界 長門」は全40室。食事処、トラベルライブラリー、カフェ、大浴場などを備える。料金は2名1室利用時1名あたり、夕朝食付きで2万2000円から。

トラベルボイス編集部

最終更新:10/8(火) 12:34
トラベルボイス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事